所沢の音楽情報・タウン情報 ptoko(ピートコ).JP

Share |
  • ptokoについて
  • お問い合わせ

音楽と私 Backnumber

「私の音楽履歴書」(第2回) 阿部美穂 さん
「私の音楽履歴書」(第1回) 阿部美穂 さん
シャンソンの魅力にふれて  田辺慶一 さん
「アメリカンミュージックとともに」  ロイ 田沢 さん
「アロハに惚れて」  中野 彰 さん
演歌「夜空」からクラシックまで(その3)  坂井 誠 さん
演歌「夜空」からクラシックまで(その2)  坂井 誠 さん
演歌「夜空」からクラシックまで(その1)  坂井 誠 さん
「我が青春のビートルズ!」  峯岸雅広 さん
「ロックとの出会いと作曲」  吉乃黄櫻 さん
「オカリナの町ところざわ」を夢見て10年!  岡本詔一郎 さん
「クラシック」と「パッヘルベルのカノン」 中川 竜 さん
一本の電話とレクイエム  泉山 康 さん
「航空公園ジャズバンドの夢」 原宿眞智寿 さん
“ラヂヲ”から始まった音楽放浪記(第三部) 山田一雄 さん
“ラヂヲ”から始まった音楽放浪記(第二部) 山田一雄 さん
“ラヂヲ”から始まった音楽放浪記(第一部) 山田一雄 さん
「津軽三味線を生涯の友に」  畑中裕生 さん
「雨の日のビル・エヴァンス…」  須藤麻季 さん
「ブラームスと間奏曲」  中川奈緒美 さん
『とこぴあ』と私の還暦ピアノビギナー練習法        大勝こうじろう さん
「シャンソンとの出会い」  中條 進 さん

トップページ>

私と音楽

音楽と私

3の上jpg.jpg

「私の音楽履歴書」(第3回) 阿部美穂 さん

【 阿部美穂(あべ みほ)さんのブロフィール 】
山梨県出身、所沢市在住。音楽の知識は小学生以下ですが、聴くのは大好き。スマホでリシッツアなどをヘビロテしてましたが、今は中島みゆきオンリーです。

3の左.jpg

♪♪ 歌は仕事人へのエール ♪♪

 比較的最近になって気づいたことだが、私の脳は歌を言語として聴くことがかなり難しい。歌を聞いても、言葉の意味より、メロディーとしての音が入って来る。詞の意味がわからないのだ。
 みんなそうなのかと思っていたが、私みたいなタイプのほうが珍しいと知った。意識して意味を読み取ろうとしないと、何を言っているのかわからない。しかし、カラオケなら歌詞を見ながら歌うため言葉が頭に入って来る。歌うたびに、この曲ってこんな歌詞だったんだと改めて気付かされた。
 そして、歌うようになって、ようやく人の〝声〟の美しさを認識した。とりわけ、友人でピアニストでもある河上素子さんの澄み切っているのに艶もあるハイトーンヴォイスに憧れた。私には到底出せない声だった。

~ 中島みゆきさんとの出会い
 中島みゆきファンと言えば、デビューの頃から歌やラジオを聴き、青春時代を共に過ごした方が多い。が、私がファンに変容したのは、ほんの3年前のことである。
 中島みゆきと聞いて、最初に思い出すのは「わかれうた」で、中3の頃、男子と付き合い始めたばかりの友人の後ろを「わかれはいつもついてくる~」と歌いながら歩いた。今思うと随分な悪ふざけであった。
 自分は深夜放送を聞く習慣がなかったから中島みゆきって実はすごく面白いのよ~と友人が上気しながら語っても、心動かされることもなかった。カラオケの曲を覚えるためにTVの歌謡番組を見た時期もあったが、そこに中島みゆきは出てこなかった(笑)。
 その後、はじめて動いているみゆきさんを見る機会に恵まれた。それは記念すべき夜会の第1回公演(1989年)に、都合の悪くなった友人の代理として行くことができた。だが、前述したアタマの欠陥のせいか、どんな歌だったのかは全く覚えていない。ただ、華奢な体に似合わず迫力があったこと、舞台や衣装が真っ赤だったことだけが印象に残った。
 さて、時は流れて、私は30過ぎて結婚もせずに(笑)、毎日仕事で微生物と格闘していた。異物混入やO157食中毒など騒動があるたび、仕事は超絶忙しくなる。毎晩9時10時の残業は当たり前、午前様になることも珍しくなかった。
 そんな頃に出会った番組がNHKのプロジェクトXだった。チャラい芸能人に憧れることはなかったが、困難にめげず、道を切り開いていく仕事人たちには素直に憧れた。ここで歌われていたのが「地上の星」と「ヘッドライト・テールライト」だった。
 例の如く詞の意味はすぐには分からなかったが、何度も聴いているうちに仕事人としての私への応援歌のように思えて来た。サラリーマンのおっさんと同じである(笑)。

・写真左の1=河上素子「SKY」と「花信風」
・写真左の2=初のコンサート
・写真左の3=中島みゆき「Single2000」

3の右.jpg

♪♪ 詞の理解で深まる感慨 ♪♪ 

~ 再びのカラオケ
 バブルがはじけたあと、カラオケはずっとご無沙汰だったが、平成20年から始めた詩吟の新年会にはカラオケタイムがあった。そこでTUTAYAでアルバム「短篇集」をレンタル、1曲目が「地上の星」、最後が「ヘッドライト・テールライト」だった。当時年長だった次男の誕生日にディズニーランドに行く道すがら、往復6時間はあったろうか、車中でずっとCDをかけっぱなしにした。
 私のアタマの欠陥に気づいたのはこの時で、一緒に聞いていた夫が、「これ、盆暮れに田舎に帰る歌なんだね~」と一言。だが、私は、何のことやらまったくわからない。それは「地上の星」の次にかかっていた「帰省」という歌で、これも心に沁みる名曲なのだが、何度も聴いたのに私のアタマには言葉が全く届かなかったのだ。とりあえず、大好きな2曲が歌えるようになったことで大満足で、年1~2回あるかないかのカラオケの時は、いつもこれを歌った。

~ 中島みゆきの〝歌〟を好きになる
 その後、平成25年の暮れ、TVのカラオケ番組で「糸」を初めて聞いた。歌詞のテロップを見て詞も含めて好きになった。いつもカラオケで歌わせてもらっているのだからたまには印税も払わなくてはと、そんな理由で年明けにお気に入りの2曲と「糸」が入っている「Singles2000」を購入したが、他の曲は、暗過ぎたり、声が馴染まなかったりで、あまり好きになれなかった。
 その翌年のこと、私はあることでかなりの精神的ダメージを受けていたのだが、その時聴いた「一期一会」のPVが、ずしんと心に届いた。落ち込んだときに中島みゆきが効くというのは本当なのだと思い知った。
 その時、彼女はうまく歌おうとか、きれいな声を出そうとかではなく、言葉を伝えるために歌を使っているのだと確信した。すると、がなり声や暗い詞に込めた意図が見えてきた。弱い心に寄り添う力や普遍的な真理が籠められている。知れば知るほどに、この人はすごい!のびっくりマークが増えていくばかりだった。そんなわけで、今はみゆきさんにぞっこんである。
 だからと言ってバッハやチャイコフスキーが嫌いになったわけではない。楽器が奏でる音も変わらず好きである。ただ、ようやく言葉を乗せた音楽というものを好きになれた。この喜びに今はまだどっぷり浸っていたい。

・写真右の1=中島みゆき「地上の星」PVとベストアルバム「前途」の新聞広告
・写真右の2=国際フォーラム中島みゆきコンサート「一会」
・写真右の3=中島みゆきファンクラブ投稿大賞のサイン色紙