所沢の音楽情報・タウン情報 ptoko(ピートコ).JP

Share |
  • ptokoについて
  • お問い合わせ

トップページ>

この人

この人

この人2上.jpg

パティオ はなおか 主宰  花岡 米盛 さん (その2)

4箇所あるアコーディオン教室の本拠地・新所沢で、この新春に新しいスタジオを建設。アコーディオンだけでなく、2台のピアノと2台のマリンバのあるユニーで豊かな空間。所沢の音楽文化への貢献を期待してお話をうかがいました。(文・写真=ゴマッジョ)

この人2左.JPG

≫≫ 新装のスタジオで思う存分に音を ≪≪

ゴマ 昨年5月には「アコーディオン教室 15周年記念発表会」を開かれましたね。私はうかがえなかったんですが、盛況だったようですね。

花岡 発表会は毎年やっています。今年は第16回を…。

ゴマ 加えて昨年は、“アコーディオン・うたと共に50年”と題して、「花岡米盛アコーディオンリサイタル」を所沢市民文化センター・ミューズのキューブホールで開催されましたね。
 シャンソンやタンゴ、ドイツ歌曲、日本の曲など多彩なプログラムで、アコーディオン演奏だけでなく、歌もうたわれた。

花岡 やはり歌が好きなもので、いつまでも…。

ゴマ 50年という節目にということだったと思いますが,次回の予定は?

花岡 まだ具体的には考えていませんが、3年後か5年後にはと…。

ゴマ ところで、昨年の秋から工事をして、それまでのスタジオを建て替えて今年の1月に新装ビルになりました。

花岡 いまの場所には7年前に来たのですが、新しいことをするのはこれが最後のチャレンジかと思って。
 今までできなかったことをやりたいなと…。

ゴマ スペースも広くなりましたね。設備も充実して。前からあったアップライトピアノに加えてグランドピアノが入って。

花岡 ええ、常設楽器としては2台のピアノと、各種アコーディオンはもちろん、従来の4オクターブと5オクターブのマリンバが2台。

ゴマ 照明やオーディオシステム設備も整って、大型スクリーンも。いろいろと楽しめそうですね。

花岡 なんと言っても、私自身が一番嬉しいのは、好きなときにいつでも音が出せることです。初めてですよ。今までそんなことはできなかったもの。
 
ゴマ 防音の問題で?

花岡 そう、以前はどうしても周囲に気をつかって。

ゴマ 時間の問題も?

花岡 ええ、夜中でも朝早く起きてやっても気にしなくていい。音響の具合もよくて、音が全然違いますしね。
 とくに、個人レッスン用の奥の部屋だと音をまったく気にしなくていい。信じられないくらいです。

この人2右.JPG

≫≫ いろんな企画の活動の場に ≪≪

ゴマ 新しいスタジオになって、いろいろと活用したいですね。

花岡 メインのアコーディオン教室や主催している「歌声喫茶」以外にも、以前からピアノ教室や声楽教室として利用してもらっていますが、発表会などいろんな形で使ってもらいたいですね。また、ミニキッチンや冷蔵庫も完備していますので、音楽&サロン、お楽しみ会、女子会などにも利用できそうですね。
 私も、今まであまりやったことのない新しい分野の曲にも取り組んでみたいなと思っています。
 ミューズでのリサイタルみたいな大きなイベントではなくても、ときどきはここでミニコンサートをやりたいですね。私がやるだけじゃなくて。

ゴマ 今まで、セッションなどはやっておられませんか。

花岡 やってませんね。だけど、それぞれご自分の楽器を持ってきてのセッションなど、これからはいろんなイベントもできればと思っています。

ゴマ ここは駅からも近いですし、みんなに来てもらうにはいいですよね。
 新所沢には、駅のすぐ近くにジャズ・バーのスワンや、スタジオ・ネイヴ、ザ・ロックなどのライブやセッションをするホールがあり、その他にも、いくつかのレッスンスタジオやレンタルスペースがあって、毎日のように音楽シーンが繰り広げられています。
「パティオはなおか」さんもぜひ、音楽の街として盛り上げるために力を貸していただきたいですね。

花岡 ええ、新スタジオになったのを機に、活動の輪を広げたいですね。
 ピートコさんも何か企画してくださいよ。

ゴマ そうですね、少しずついろんな企画を提案していきたいですね。
 昨年から、所沢のカフェに協力して、所沢のミュージシャンの演奏を聴きながら、所沢の地酒3種類を楽しむライブを企画したりしています。
 地元で、音楽のある生活を楽しむというのがコンセプトです。 

花岡 いいですね。私もお酒が好きですし。
 そういえば、アコーディオンを習った先生に、「酒を飲んでも弾けなきゃいけない」と言われたことがあります(笑い)。
 アコーディオンは生活の中に溶け込んでいる楽器ですからね。

ゴマ なるほど、なるほど。なんだか、いい企画ができそうですね。

花岡 定期的にサロン的なイベントなどができれば。

ゴマ それじゃー、日を替えて(場所も替えて)そのご相談を(笑い)。
 本日はありがとうございました。私どもは、所沢を音楽の街として盛り上げようと活動しています。ぜひ、ご助力をお願いします、(2018.3.30取材)

 【パティオ はなおかのサイトはこちら】