所沢の音楽情報・タウン情報 ptoko(ピートコ).JP

Share |
  • ptokoについて
  • お問い合わせ

トップページ >

ptoko について

ptoko について

《所沢の音楽情報・タウン情報サイト》

ptoko(ピートコ)は「プレイtheところざわ(所沢を遊ぶ)」の愛称・略称です。
ptokoはテーマを所沢市に絞り込んだローカルなサイトです。
市民生活をより豊かに快適にするための情報を、双方向(インタラクティブ)なコミュニケーションを通じて提供し、コミュニティを活性化し、新しい市民文化を創出してゆこうと立ち上げました。
そしてまず、コアな情報として、音楽に関する情報を多方面から採り上げてゆきます。

pの「プレイ」=playは、じつに多くの意味合いをもつ言葉です。
動詞としては、遊ぶ、ふざける、飛びまわる、おどる、飛びかう、そよぐ、ひらめく、自由に動く、競技を行なう、ふるまう、作用する、などちょっと挙げただけでも十指に余るほどですが、さらに、演奏する、弾く、響く、出演する、芝居をする、など音楽・芸能関連に多用されています。
音楽は、生活のあらゆるシーンに密接に結びつき、私たちを楽しませ、豊かな時間・空間を与えてくれます。

○所沢を音楽の街として発信しましょう

あまり知られてはいませんが、所沢には多くの音楽関係者が居住し、著名なミュージシャンが輩出しています。
そして、ライブハウスや、楽器や歌などで自由に参加できるセッション・スタジオ、音楽を聴きながら飲食できるお店などで、音楽を楽しむシーンが連日のように繰り広げられています。
また、楽器店、音楽教室も数多くあり、防音室を完備したマンションなど、音楽愛好者にとって好ましい環境の郊外都市です。
当サイトでは、所沢における音楽に関する情報を最大限に採り上げます。
ジャンルは、クラシックからジャズ、ロック、ポップス、歌謡、民謡、邦楽、民族音楽など、多岐にわたっています。
そして、「プレイ」=playの意味を包括的に「楽しむ」と捉え、プレイtheところざわ=所沢を楽しむこと、すなわち文化的・芸術的で、より豊かな生活を楽しむことができるために貢献してゆくことを目指しています。

○対 象

所沢市在住の市民、通勤・通学者、あるいはそれらの知人・友人。
および所沢への来訪者や、所沢に関わりのある人たち。
なかでも、音楽に関する情報に興味がある人たち。

○「所沢市新規創業ビジネスプランコンペ」優秀賞を受賞

ptokoは、第3回(平成24年度)の「所沢市新規創業ビジネスプランコンペ」に応募して、優秀賞を受賞しました。
“プラン概要”として、所沢市のホームページに、下記のように紹介されました。 【詳細はこちらに】

「所沢で開催される音楽イベントやアーティストの情報などを集約したポータルサイトを企画・運営するプラン。アーティストへの取材・執筆等も行い、質の高い情報提供を目指す。スタジオやホールが揃い、数多くのミュージシャンやバンドが活動する所沢の音楽シーンの活性化が期待される。」



○「音楽のあるまちづくり」の推進に協力

ptokoは、所沢市からの依頼を受け、「音楽のあるまちづくり」の協力団体として活動しています。
以下は、所沢市のホームページからの抜粋です。

所沢市は、あらゆる世代の市民や市内を訪れる方に、うるおいと安らぎ、そして活力を与える「音楽のあるまちづくり」(=略称「音まち」)を推進しています。
そして、「音楽のあるまち(=音まち)・所沢」にふさわしい音楽行事、音楽団体(個人)や店舗等について、「音まち推奨制度」をスタートしました。

・推奨までの流れ
音楽情報サイト運営団体「ptoko(ピートコ)」(本市の新規創業ビジネスプランコンペ優秀賞を受賞)と協力して実施します。
「ptoko」は、入手した音楽関連情報や市からの提供情報の中から、対象基準を満たす推奨候補を選定し、これを受けて市が最終判断を行い、推奨決定となります。

・推奨されると…
推奨の証しとして「音まち推奨」の表記の許可(ロゴマークの発行を含む)を行います。チラシ、ポスター、プログラム等に掲載でき、「音まち」推進事業の一環としてPRしていただけます。
市では、「ptoko」サイトと連動してデータの共有と積極的な情報発信に努め、容易な情報入手と市内音楽環境の活性化を図ります。

【詳細はこちらに】